ヘアカラーのかぶれは要注意! | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » ヘアカラーのかぶれは要注意!

ヘアカラーのかぶれは要注意!


「体調の悪い日にヘアカラーを施すと、かぶれが起きやすくなる」というのは、よく聞くかと思います。
確かに体調を崩すと頭皮の状態も弱まるので、あまりおすすめは出来ません。
では健康な日を狙ってヘアカラーをすれば良いのかと問われると、はっきりと「YES」と答えられません。
かぶれてしまう原因は色々考えられますが、もしアレルギーが原因であればどうしようもありません。

またアレルギーは無く、過去にヘアカラーをしてもかぶれなかったという方も多いと思います。
異常が起きていないのならばそれに越したことはありませんが、ある日突然かぶれてしまったというケースも少なくありません。
自分は絶対に大丈夫と思っていても、かぶれは音も無くじわじわと迫ってくるものです。
症状の出方は人それぞれですが典型的なものとしては、ヘアカラーを施してから半日後にかゆみが生じ、48時間後には赤く腫れあがってしまいます。

対処法としてはもしかぶれが出たら、即座にヘアカラーの使用を辞めて下さい。
症状がそこまで酷くなかったとしても、続けて使用すると悪化してしまう恐れがあります。
悪化してしまうと全身に蕁麻疹が出たり、酷い場合になると呼吸困難に陥ったりしてしまうことも考えられます。

もちろん頭皮のかぶれの原因は、ヘアカラー以外にも考えられます。
シャンプーやリンスの洗い残しや、現在服用している薬も関係しているかもしれません。
また頭皮の脂が過剰に分泌され、かぶれを引き起こしていることもあるかと思います。
こればかりは素人では判断できないので、皮膚科の診断を受けて適切な処置を行うようしましょう。

痛まないヘアカラー