CIELO(シエロ)のヘアカラーEXミルキーの自宅ヘアカラー体験談日記 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » CIELO(シエロ)のヘアカラーEXミルキーの自宅ヘアカラー体験談日記

CIELO(シエロ)のヘアカラーEXミルキーの自宅ヘアカラー体験談日記


cielo

選んだ理由

自然な黒髪色になる染め色のため。

CIELO(シエロ)のヘアカラーEXミルキーの体験談日記

CIELO(シエロ)のヘアカラーは、随分前から発売されています。

髪を染めようと思い始めた時期以前から既にあることは知っていましたが、色々なメーカーを試しながら、

かなり以前から、ずっと使い続けています。

仕事上のストレスが多かったためか、髪の毛の白髪は、20代の終わりごろから気になり始めていました。

顔立ちがあいまいなため、茶系のヘアカラーは顔がぼけるのであまりに合わないような感じがし、ダークブラウンを使用していましたが、美容室に行くと、もっと明るい髪色にした方が良いと毎回のようにアドバイスされたため、シエロの5P(ピュアブラウン)を使用するようになりました。

ピュアブラウンは、ブラウンに比べると明るめの自然な髪色です。

髪を結ばず、風に吹かれるような時や気を使う人との対面時等の際など、髪全体を衿足の根元から徹底して染め上げるようにして使います。

染め上がりはまるで自毛のようなナチュラルな仕上がりです。

若い美容師さんだと、染めてるの?と聞かれて、白髪染めしていると答えると、良く染まっていると毎回感心されます。

髪を染めると、傷んで指通りが悪くパサパサ感が出てしまうのですが、シエロのシリーズでは、まずそういったことがありません。

トリートメント効果をうたっている製品ではないため、ちょっと意外なくらい、染め上がりの髪はさらっとしています。

匂いもほとんど残らないため、翌日も安心です。

髪染めはメーカーによっては、染めた翌日に汗をかくと、頭皮からかなりの異臭が出ることがあるため、用心が必要ですが、シエロにはその心配があまりありません。

難点は、色落ちが早めなことです。特にピュアブラウンは生え際の色があせやすく感じます。

また、値段が少々高めで、セール品になりにくいです。

使い心地を考えると、セールにならなくてもおすすめですよ。

自宅でヘアカラー体験談