セルフのヘアカラーは要注意! | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » セルフのヘアカラーは要注意!

セルフのヘアカラーは要注意!


美容院でヘアカラー頼むと綺麗に仕上がりますが、どうしてもお金がかかってしまいます。
金銭的に余裕があればまだ良いのですが、ここまでお金がかかると気軽にとは行きません。
そこでドラッグストアでヘアカラー製品を購入して、セルフで行えば安上がりです。
しかも好きな時間に好きな色で染めることが出来るので、効率良く髪を染める事が出来ます。

しかしセルフのヘアカラーは、メリットだけでなくデメリットもあります。
中でも最大のデメリットと言えば、髪が傷むことでしょう。
美容院の場合は髪の状態に薬剤を合わせるので、ヘアカラーを施しても痛みは最小限に食い止められます。
しかしセルフの場合、髪の状態で薬剤を変えることは出来ません。
痛みやすい髪質の方であっても強い薬剤を使用することになるので、続けて浸かってしまうと痛みも激しくなってしまいます。

また髪だけでなく、頭皮のダメージも深刻です。
そもそもヘアカラー剤は、化学物質です。
髪に優しいとされているものでも、ダメージを与えます。
美容院では頭皮を守る為に、頭に着けた薬剤を1滴残らず全て洗い流します。
しかしセルフの場合はどんなに洗い流しても、全てとなると難しくなります。

ではセルフでヘアカラーを行うには、どういった点に注意をすればいいのでしょうか。
まずは、必ずパッチテストを行うようにしましょう。
面倒臭いと思うかもしれませんが、もし肌に合わないヘアカラー剤を使ってしまうと大変なことになってしまいます。
それこそ、髪が傷むだけでは済まされないでしょう。
もしパッチテストを行い異常が出れば、即座に使用を中止して下さい。
髪の色を自由に変えたい気持ちは分かりますが、背に腹は代えられないものです。

痛まないヘアカラー