色持ちも色みもおすすめ:ビューティーン メイクアップカラー セピアラベンダー | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » 色持ちも色みもおすすめ:ビューティーン メイクアップカラー セピアラベンダー

色持ちも色みもおすすめ:ビューティーン メイクアップカラー セピアラベンダー


前回までは同じビューティーンのメイクアップカラーで「スモーキーブルージュ」を使用していました。
このシリーズは地毛の色が明るいと、かなり発色が綺麗なので気に入っています。

しかし、しばらくブルージュを使っていたので、イメチェンしたいと考えて、ブルージュから「セピアラベンダー」にしてみました。
ピンクアッシュという似た色もあるのですが、それよりは落ち着いた色に見えたのが、この「セピアラベンダー」にした最大の理由です。

明るめの色でパッケージと同じくらいに

数回ブリーチをしているので、私の地毛は、今はかなり明るく、金髪に近いオレンジ色。
その状態で、ビューティーンのメイクアップカラー「セピアラベンダー」を使ってみました。

パッケージの色はかなり落ち着いた色に見えたので、それに近い色ならいいな、と思ったんですが、これが予想以上に良い色でした。
私の地毛の色で、パッケージにかなり近い仕上がりです。
だから、あまり明るくない髪色の人だと、もっとダークな仕上がりになるんじゃないかな、と感じます。

染めている最中も特に痛みなどはありませんでした。
カラー剤特有のにおいはありますが、慣れているせいか、それほど私は気にならないですね。

ヘアカラーをつけて、しばらくすると、髪の色が少しずつ濃い目のラベンダーに変わります。
パッケージを見ると分かるのですが、ラベンダーといっても、実際の花のような、薄い紫がかった色ではありません。
どちらかというと、赤紫に近いような、ピンク色が強めのラベンダー色です。
地毛が明るい色の人であれば、きっと、私のように、パッケージに近い色を楽しめることでしょう。

色持ちも問題なし

赤系統の色にするのは数年ぶりだったのですが、すっかり気に入っています。
また、周囲の反応も、男女問わず、大変良かったです。
やはりブルージュのような青系よりは、ピンクに近い色のほうが周囲の反応が良いように感じます。
ブルージュのときは、人によって、「青かー」といまいちな反応もあったので、「セピアラベンダー」に変えて正解だったようです。

さて、「セピアラベンダー」を入れてから約1ヶ月経過しましたが、現状まだ少しラベンダーっぽい色は残っています。
もちろん、染めてすぐのような濃さではなくなりました。
もともと、私の髪は、色が入りやすく、抜けにくいほうではあります。
しかし、1ヶ月経過しているということを考えれば色の「持ち」も問題ないと感じます。
しかも、ビューティーンのメイクアップカラーって、とてもリーズナブルなんですよね。
商品の価格から考えるとコストパフォーマンスも最高で、これはリピ確定だな、と思っています。
いくらか色が薄くなったことから、来週あたりにでも、また「セピアラベンダー」を使うつもりでいます。

こちらは、新商品(新色)になるようなのですが、人気があるようで、何店舗か回っても在庫が切れていることがあります。
でも、人気が出るのも納得の、女性らしくて素敵な色ですね。
かなりおすすめのヘアカラーです。

自宅でヘアカラー体験談