髪になじみやすい:ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » 髪になじみやすい:ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン

髪になじみやすい:ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン


ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン

ビゲンの「ポンプフォーム」をいつも使ってます。

これは密着フォーム式なので使いやすいんです。

他社のクリームタイプのヘアカラーも使ってみましたが、髪全体に塗布するのが難しかったです。

ポンプフォームのヘアカラーは、濃密な泡で髪全体を包み込むように塗布するので、床に垂れたりせず、髪にもなじみやすいです。

染めた後の髪がツヤツヤして触り心地が良くなるのがうれしいです。

詰め替え式なので、むだなゴミが出ないところもいいですね。

ちょっと押すだけでフォームが出てくるので使いやすい

ポンプフォームを塗布するための準備は、特に他社のヘアカラーと違いはありません。

ポンプフォームは液剤がほとんど垂れないので安心なのですが、念のため新聞紙を床に敷いています。

そして液剤が顔や首につかないように、クリームを塗ってカバーして、髪を数か所に分けて輪ゴムでまとめています。

私は髪を小分けする作業が面倒なのでわりとざっくり分けています。

ざっくり分けるだけでも、ポンプフォームなら髪にフォームをのせた後に指でぐしゅぐしゅと押し込めば奥の方までよく染まるのでとても便利です。

私はシャンプーで頭を洗うような感じでフォームを塗り込んでいます。

ポンプ容器が柔らかいので、ちょっと押すだけでフォームが出てくるので使いやすいです。

ブラシに液剤をのせるタイプだと、染めている間に何度も液剤をのせる手間がかかりますが、ポンプ式だと最初に液剤を混ぜるだけなので手間いらずです。

必要な量だけ押し出すこともできるし、容器にどれだけ残っているかも一目瞭然です。

フォームは髪にピッタリくっつくので、髪をかき混ぜるようにしても床に垂れたりしません。

生え際はヘアカラーがしっかり馴染むように何度も丁寧に塗布しています。

フォームを全体に塗布したら20分放置して馴染ませます。

フォームが髪に密着するので、何も使わなくても頭の上でまとまってくれるのでとても楽です。

きれいにまとめてしまえば、放置している間に少し頭を動かしてもフォームが垂れたり落ちたりしません。

鼻にツンとくる臭いはなく、フローラルな香りが少しするだけです。

20分経ったらシャワーで洗い流します。

1回目のシャンプーだけではヘアカラーが髪に残るので、いつも2回シャンプーして丁寧に液剤を落としてます。

その後にコンディショナーで仕上げます。

染めあがりに色ムラはなく、根元までよく染まります。

ドライヤーで髪を乾かせば、髪の毛にツヤが出てよく染まっているのがわかります。

染めた直後は、少しイメージした色と違うように見えますが、しばらくすると色が馴染んで、感じよく仕上がります。

ツバキ油とローズヒップ油の2種類が配合されているので、染める前より髪の手触りがよくなって、髪質が柔らかくなります。

その後1ヵ月くらいはツヤが保てています。

生え際が伸びると色の違いがわかるので、だいたい2ヵ月に1回染めています。

ポンプフォームを何度も使用していますが、これまでに皮膚がかゆくなったり、異常が出ることはなかったです。

ビゲンのポンプフォームは、自宅で気軽に簡単に髪が染められるので愛用しています。

自宅でヘアカラー体験談