口コミも多く安心して使えるヘアカラー「ホーユー シエロのムースカラー」 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » 口コミも多く安心して使えるヘアカラー「ホーユー シエロのムースカラー」

口コミも多く安心して使えるヘアカラー「ホーユー シエロのムースカラー」


ホーユー シエロのムースカラー ライトブラウン

ムースになっているので自分で染めている間に顔に液が垂れてこないし、シャンプーするのと同じように髪を洗うようにして使えるので、便利だということで選びました。
また、ロングセラー商品なので無難なブラウンの中でもカラーの色の種類もたくさんあったので、好みの色を選べるのも良いと思いました。
そして市販カラー独特の鼻をつくような嫌な香りがしないという口コミも見ていたので、使いやすいだろうということでも選びました。

おススメの染め方

最初にたくさん振らないと液が綺麗な泡にならないので、使用する時はできるだけたくさん振って綺麗な泡になるようにしました。
最初プッシュした時は液上のものもダラダラと出てきましたが、2、3回押せば普通の軽い泡が出てきました。
出した感じ、シャンプーの泡よりも軽い感じがしました。
まず前髪の部分の生え際が気になったので見える部分の生え際から丁寧に泡を付けていきました。
そして泡状のヘアカラーをつけていて思ったのが、軽すぎていまいちきちんと染めているのかがわからないということです。
なので、鏡を見ていて染めたほうが良いと思える部分は丹念につけました。
そして、市販ヘアカラーで染める時は誰もが悩むことですが、染め残しがないように後ろ部分はあらかじめ長い髪をゴムで束ねて、そして後ろの生え際を染めました。
毛先は今まで染めてきた部分が残っていることも多いので、あまりヘアカラーをつけてしまうと脱色しすぎてしまう恐れがありますし、美容院でカットしてそれで解決できてしまうことも多いので、染める時は生え際に力を入れて染めるようにしました。

やはり友達と接していてもそうですが、いくら綺麗にヘアセットしていても、生え際が綺麗に染まっていないと残念な気持ちにもなってしまうからです。
まるで剥がれたネイルをみているような、美容ケアの甘さを感じてしまうので、生え際は常に綺麗に染めておこうと思っています。
なので、まめにケアできるという意味でも市販ヘアカラーは愛用しています。
ですが、ショートヘアの時だとケアカラー1本すべて使わなくても余ってしまうようなこともあるので、そうした時は使い残しを使っています。
市販ヘアカラーにはゴム手袋は一つしかついていないので、そうした残りの市販ヘアカラーでもいつでも使えるように、安いビニール手袋を常に家に置いておくようにはしています。
ですが、新品のものを使用した時よりも、残りを使った時のほうが色の落ちが早いように感じます。

生え際部分はいつもチェックしているので、生え際の色が変わっているとすぐに気が付くのですが、やはり残りのもので染めるとすぐに落ちている気がします。
なので余裕がある時は必ず新品のものを使うようにしています。
生え際を染める時に気を付けるのはやはり、顔につかないようにするということです。
市販ヘアカラーは美容院で使うものよりも刺激が強いときいているので、肌荒れしないように神経を使って染めるようにしています。

自宅でヘアカラー体験談