たまの自宅染めにもおススメリーゼの『プレティア泡カラー』 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » たまの自宅染めにもおススメリーゼの『プレティア泡カラー』

たまの自宅染めにもおススメリーゼの『プレティア泡カラー』


リーゼ

リーゼの『プレティア泡カラー』ピンクベリー 美容室で染める事がほとんどですが、たまに行く時間がなかなか作れず、プリン状態の髪に我慢が出来なくて、自宅で染める事があります。
そんな時は毎回『リーゼ 泡カラー』を使用しています。
カップが付属されていてとても使いやすく、使用方法もとても簡単です。
中に入っている2つの薬剤を、30回振って泡だてます、出来た泡をそのまま髪に塗っていくだけで簡単に染める事が出来ます。
色抜けもほとんどなく、美容室で染めた感じと大差は無いように思います。

毎回、髪を染めるのは美容室です。
たまに行く時間がなくて、自宅で染める時は『リーゼ プレティア 泡カラー』を使用しています。
中に入っているものは、蓋つきのカップ、薬剤が2個、ヘアトリートメント、手ぶくろ、使用説明書です。
使用方法はとても簡単で、中に入っている2つの薬剤を、付属のカップに入れて、30回振って泡だてます、出来た泡をそのまま髪に塗っていくだけで簡単に染める事が出来ます。

泡はとても滑らかで、ふわふわしていて、髪にもとても馴染みやすく塗っていくのはとても楽です。
髪は先にゴムなどで何ブロックかにブロッキングしておくことがオススメです。
そうすることで、染めムラが減ります。

まず根元から泡を塗って行きます。
そのあと髪全体に塗っていきます。
全体的に泡が髪にぬれたら、自分の染めたい色合いに合わせて時間をおきます。

自宅で髪を染める時の注意点は、泡が床や壁や洗面台などに付かないように注意しなければいけません。
もちろん肌につくのも注意です。
たまに壁や床に泡がポタリと落ちて大変な事になります。

私の母も、同じく『リーゼ プレティア 泡カラー』を使っているのですが、一度一人で髪を染めていて、染まる間の待ち時間に家中を歩き回り、家事をしていたようで、気付いた時には手で触った壁、床、色々なところがカラー剤で染まってしまっていたようです。
その話を聞いて思わず笑ってしまいました。
私も時々薬剤のついた手で壁などを触ってしまうので、毎回注意するようにしています。

泡を塗って待ち時間が終われば、髪に塗った薬剤を丁寧に流していきます。
ここでもお湯が周りに飛び散らないように丁寧にながします。
丁寧に流した後は、普段通りシャンプーリンスをします。
最後に付属のヘアトリートメントをつけて終了です。

今まで、何十回もリーゼ 泡カラーを使用してきましたが、染め上がりはかなり綺麗になっています。
髪もギシギシせず、ツヤツヤと髪にもツヤが出ていて、手触りもツルツルとしていて、触り心地もいいです。
髪染めをした後日、友人の美容室で髪を見てもらってことがあるのですが、美容師の友人も自分で染めたの?と言うくらい、綺麗に染まっていたようです。
自分でも毎回不満に思うことはほとんどありません。
染めた後、色ムラもほとんどなく、色落ちすることもほとんどありません。
1か月くらいはツルツルとした髪で過ごす事ができます。
今後もリーゼ 泡カラーを使って行こうと思っています。

痛まないヘアカラー