「hoyu シエロ」の自宅ヘアカラー体験談日記 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » 「hoyu シエロ」の自宅ヘアカラー体験談日記

「hoyu シエロ」の自宅ヘアカラー体験談日記


hoyu シエロ

選んだ理由

市販のカラー剤には2色を混ぜ合わせなければいけないというものが実に多くあります。
これはかなり面倒で染める時もうまく染まらないなんて事がよくありました。
しかしシエロは片手で押すだけでムース状の液を取り出すことが出来るので髪に付けるのもとても簡単で染残しがほとなくなりました。

また使った後の残りを取り置きすることが出来るので経済的にもとても助かります。
染めあがりにムラがない事や仕上がりの髪にツヤが出る所もお気に入りの理由です。

hoyu シエロの体験談日記

いつまでも綺麗な髪でいたいと思うのですがその思いとは反対に髪は白くなり薄くなっていってしまいます。

最初に白髪を見つけたのは40歳になったころでした。
1本~2本とわずかな白髪に躊躇なく引き抜いて、毛穴を指でグリグリと摩りながら今度は黒い髪が生えてきてね!とおまじないをしていました。

しかし45歳を過ぎるころからだんだんと白髪になる数も増えだしてきました。
白髪染をすることに抵抗のあった私は、かなりの数の白髪を引っこ抜いてたんです。
おまじないをした後に今度は育毛剤でちゃんと次も生えてきてとマッサジを加えることにしました。
白髪を抜いたのはいいものの、もう生えてこなかったらという不安もあったからです。
引っこ抜いた毛穴からはちゃんとまた髪が生えてきたのですがお願い通りに黒い髪ではなく白い髪が生えてきました。
たくさん抜いていたのであちらこちらと短い白髪でいっぱいになってしまっていたんです。

もうこれは白髪染に頼るしかないんだと、とうとう観念することにしました。
しかし、市販の白髪染にはたくさんの種類がありどれがいいのか迷ってしまうほどです。

最初は2色の液を混ぜて髪に付けるものを購入したのですが、この混ざる動作がどうにも面倒なんです。
また残った液剤を次に残しておけないというのがなんとももったいないと思っていたところに、hoyuのシエロを知りました。

使い方はとても簡単で、片手でシュッと押すだけであとは髪に付けるだけなんです。
ムースタイプというのが一人で白髪染をするにはとても簡単で嬉しいんですよね。

そうして何より使い終わった残りは次へと残しておくことが出来るんです。
例えばこめかみや生え際は染めてもすぐに白くなってしまうんです。
そんな時にシュッと押して白くなったところだけをもう一度染め直すなんて事も簡単に出来るんですよね。

それ以前は白髪染をするにも準備があって、部屋に新聞紙を引いてその上に座り首周りには服が染まらない様にとナイロンの袋を巻きつけると言ったスタイルにならなければいけなかったんです。
そのために自分では分からない部分は、他の人に手伝ってもらったりもしていました。
今は一人で何の準備もせずにサッと白髪染をすることが出来ます。

このシエロのいいところは簡単な所と残りは取り置きすることができるという所ですがそれだけでく仕上がりもふんわりと軽やかな色で白髪染というよりはホントオシャレ染めの様な感じです。
白髪染をしていなかったころにくらべて今は髪も気分もとても軽やかです。

自宅でヘアカラー体験談