髪が染まりやすい人と染まりにくい人 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » 髪が染まりやすい人と染まりにくい人

髪が染まりやすい人と染まりにくい人


髪が染まりやすい人と、染まりにくい人がいます。
こればかりは生まれながらの髪質が大きく関わっているので、どうすることもできません。
しかし折角イメチェンをしようと髪を染めようとしても、上手くいかなければ気分が落ち込んでしまいます。
ただ美容師に指摘されたことがあるのならばまだしも、ご自身の髪が染まりやすいのか染めにくいのかは、中々気づかないものです。

では髪が染まりやすい人と染まりにくい人の違いは、何処にあるのでしょうか。
まず髪が染まりやすい人の特徴は、主に3つ挙げられます。
まずは、元々の髪の色が明るい人です。
また猫っ毛で細い髪質も、染まりやすいかと思います。
髪の色が生まれつき明るいということは、髪に色があまりついていないことが考えられます。
つまり元からブリーチしている状態とも言えるので、ヘアカラーをすれば直ぐに染まるでしょう。
またヘアカラーは直接髪を染め上げるので、髪質が細い方は直ぐにカラーが浸透していきます。

逆に髪がなかなか染まらない人の特徴には、どういうものが挙げられるのでしょうか。
まずは髪の毛の色が真っ黒の人です。
また髪そのものが太く硬いのも、中々染まらないと思います。
髪が太く硬くなるとカラー剤が浸透しにくいので、髪も中々染まりません。

では髪が染まりにくいのであれば、どう対処すればいいのでしょうか。
こればかりは事前に担当の美容師さんに、告げた方が良いかと思います。
事前に分かっているのならば対処も出来るので、何とかなるのではないでしょうか。
また、カラーリングに実績のある美容院に行くのも手です。
“経験”があるので、もし上手く染まらなかった場合も上手く対応してくれるかと思います。

痛まないヘアカラー