カラーバリエーションが豊富な「ビューティーラボ ヘアカラー」を愛用中 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 自宅でヘアカラー体験談 » カラーバリエーションが豊富な「ビューティーラボ ヘアカラー」を愛用中

カラーバリエーションが豊富な「ビューティーラボ ヘアカラー」を愛用中


ビューティーラボ ヘアカラー

選んだ理由

学生のころからリピートしているから、他のものを試すことはあっても結局もとに戻ってこのビュティーラボヘアカラーを使うことが多いです。
色は好みの色があったので、これのみでほとんど定着しましたが、他の色が試したいときだけ他のヘアカラーを使うこともあります。
しかし、いつもの色でいい時には、ヘアカラーはビュティーラボを使います。
似た色の他のメーカーのものを使ってみましたが、あまりしっくりとこなかったのでクリームタイプのこちらか、泡かどちらかの利用が多いです。

ビューティーラボ ヘアカラーの体験談日記

お金がなかったので、学生のころには妹とお互いに染めっこをしていました。
そのころは、あまり泡のヘアカラーは売っていなくて、ほとんどがクリームのヘアカラーでした。
なので、このヘアカラーをずっとつかっています。色も好みのいろがあったので、ずっと使っています。

もとの髪の色はほんとうにまっくろで、就職したときには普通は、黒に戻せといわれるのでしょうが、逆に真っ黒すぎるからもう少し明るい色にしたほうがいいとブラウン系に染めることになりました。
学生の頃は、夏休みなどにちょっとアッシュにしたりと遊びで染めていただけでしたが、就職したときにはファッションの一環として明るめの色を染め続けることになったので、節約のためにも、自分で染めたり妹とそめっこしたりを続けました。

ビューティーラボの色は赤系から、定番のブラウン系、アッシュとあるのである程度の色のバリエーションが楽しめるます。
また泡と、クリームで少し色のバリエーションが違うのでいろいろと楽しめるので、他のメーカーを使わなくてもある程度の好みの色に染めることができます。
その分、カラーパッチテストもたびたびしなくていいし、同じ色でずっと染めているのでプリンになることも色むらができることもほとんどないです。
同じ色を染め続けているのであまり面白みはないかな、とも思うけど、変な色を試して失敗した経験もないです。
美容院で勧められる色のほうが、やはり発色がいいしここぞ、というときにはそういうところで染めたほうがいいのだろうけど、普段なら仕事柄髪を縛ってしまうことも多いので、真っ黒出なければいいかな、と思って自分で染めることを続けています。

ビュティーラボのははちみつのヘアケアが入っているので、カラーをするとどうしても髪は痛んでしまうのでちゃんとケアできるのでいいな、と思っています。
普段使っているヘアケア用品も使いますが、使い切りのパックが一つはいっているのでケチることなく一個まるまる、長かろうと短かかろうと使いきってしまっています。
染めた直後はやっぱりちょっとキシキシするような感じがあるのですが、ちゃんと洗い落してコンディショナーとこの蜂蜜のヘアケアを使うと、翌日にはほんとに状態がよくなっていて、染めて髪が傷むかとかあまり気にしないで、染めることができるので使っていても安心です。
染めるときには、100均で売っているヘアカラーのセットを使っています。

自宅でヘアカラー体験談