髪のことを考えるのならカラートリートメント | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » 髪のことを考えるのならカラートリートメント

髪のことを考えるのならカラートリートメント


種類にもよりますがヘアカラーを使うと頭皮にダメージを与えてしまうので、様々な影響が出てしまいます。
ただ何もおこらなければそれに越したことはありませんが、中にはかぶれる等の症状が出てしまう方も少なくありません。
皮膚が弱い人であれば、なるべく髪を染めないようにするのが得策でしょう。

しかし皮膚が弱いからと髪を染めてはいけないというのは、少々乱暴のような気がします。
皮膚が弱い人であろうともなかろうとも、どういうファッションを楽しむのかは個人の自由です。
ただ楽しむためにと思って髪を染めたが為に、体に悪影響が出てはどうしようもありません。
そこで同じヘアカラーでも、トリートメント効果のあるカラートリートメントを使ってみては如何でしょうか。
カラートリートメントという言葉はあまり聞き慣れていないかもしれませんが、ヘアマニキュアであればTVCM等で耳にしたことがある筈です。
カラートリートメントはヘアマニキュアの一種で、髪の表面だけに色をつけて染め上げていくものです。
同時にトリートメントの効果もあるので、髪や頭皮のダメージも最小限に抑えられる筈です。

カラートリートメントの最大のメリットは髪が傷みにくい事ですが、他にもまだまだたくさんあります。
直接肌につける訳ではないので、アレルギーを持っている人でも安心して使用することが出来ます。
ただし”絶対に大丈夫”とは言い切れないので注意する必要がありますが、ヘアカラーと比べればリスクは低くなっていると見て間違いはありません。

ただ良いことばかりという訳ではなく、色落ちしやすい等のデメリットもあります。
しかし髪のことを考えるのならば、カラートリートメントを利用することをお勧めします。

痛まないヘアカラー