ヘアカラーを施した時のヘアケア方法 | 痛まないヘアカラーのまとめ

Home » 痛まないヘアカラー » ヘアカラーを施した時のヘアケア方法

ヘアカラーを施した時のヘアケア方法


今までの雰囲気をがらりと変えるヘアカラーですが、髪が傷んでしまうと言うデメリットがあります。
しかしケアをしっかり行えば完全には難しくなりますが、ある程度までならば防ぐことは出来ます。

まずはヘアカラーを施したのならば、その日のシャンプーは控えるようにします。
人によっては気持ち悪いと感じるかもしれませんが、髪に色が定着するまでには最低でも24時間は必要です。
シャンプーをしてもかまいませんが、色が定着しきってないので色の落ちが早くなってしまいます。

またカラーリングしてから3日間は、髪に悪い刺激を与えないように気を付けて下さい。
ヘアカラーを施すと頭皮や毛髪は普段よりも、デリケートな状態になります。
つまりほんの少しの刺激でも髪を傷めてしまう恐れがあるので、いつも以上に注意しなければいけません。
髪が元の状態になるのは3日間と言われているので、最低でも3日間は気を付けるようにしましょう。
3日間が過ぎて頭皮の状態が安定したのならば、いつも通りのケアをしても問題はありません。

更に”外側のケア”だけでなく、”内側のケア”もしっかり行いましょう。
ヘアカラーを施すと、髪の状態が弱くなってしまいます。
これをトリートメント等で補おうと思っても、限界はあります。
”内側のケア”には、髪に良いとされる食材をしっかりととることです。
ただし髪に良い食材だけでなく、他の食材もバランス良く取るようにしましょう。
そして普段の生活を改めて、ストレスをあまり溜めないようにすることも立派なケアの1つです。
上手くストレスを解消して、綺麗な髪を手に入れましょう。

痛まないヘアカラー