痛まないヘアカラー!痛む髪質の解決サイト

髪に優しい ヘアカラー


自宅でヘアカラー

最近では自宅で出来るヘアカラーがドラックストアなどで色々な種類が販売されております。
実際に自宅でカラーリングをされている方も多いのではないでしょうか。

そこでやはり一番気になることはカラーリングによる髪へのダメージでしょう。

top2

実際に美容院で染める際もカラーリングやパーマは髪が傷む原因ともなります。
自宅でとなるとさらに傷んでしまうのではないかと気になる方も多いかもしれません。

自宅でカラーリングのメリットは、リーズナブルにカラーリングをすることが出来る事、また忙しくなかなか美容院に行けない方など、自宅で気軽にできるという事は良いですね。

またデメリットは、自分でやるためムラができやすい。
髪が傷みやすいといったところでしょうか。

しかし自宅で簡単にできるカラーリングはやはりとても便利ですね。

痛まないカラーリング方法

まずはカラーリングをする前には必ずパッチテストをしていきましょう。

パッチテストで赤くなってしまったり何か反応が出た場合は速やかに使用を中止してください。
パッチテストはとても重要ですので必ずやるように心がけていきましょう。

次に髪の毛を分けていきましょう。

細かく分けていくことでむらなく染めることが出来ます。
これをやるかやらないかで最後の仕上げが違ってきますので少し面倒かもしれませんが髪の毛のブロッキングをしていきましょう。
髪にも揉みこむように色を付けていきます。

最初は入りにくい根本から染めていきましょう。
次にうなじに行きます。
これは髪の色が濃く太いところから順に揉みこんでいきます。

最後にラップをまいて行きます。
これをすることにより一定の温度に保てますのできれいに染まります。

最後によく洗っていきましょう。
この時に地肌に着いたカラーリング材をすべて落とし切るように地肌を洗いましょう。

カラーリング材が残っていると頭皮のかぶれの原因になったりふけの原因になってしまいます。
美容院では頭皮のカラーリング材をすべて落とすように洗いますので自宅でカラーリングをするときも気を付けていきましょう。

またカラーリング後にはトリートメントがおすすめ。

カラーリング後のトリートメントも市販されておりますのでそういったものを使うのも良いですね。

また必ず乾かすようにしましょう。
乾かすことにより髪の傷みを防ぐことが出来ます。

濡れたままの髪は痛む原因となるので注意が必要です。
このように丁寧にカラーリングをすることでもちが違います。

おすすめは、やはり痛みが少ないカラートリートメント。
ヘアマニキュアの1種で髪の表面に色を付けて染めていきます。
トリートメント効果もあるので髪の傷みを押さえることが出来ます。

またアレルギーの方もカラートリートメントなら使うことが出来る場合もあります。
カラートリートメントのデメリットはやはり表面に染色するため色落ちがしやすいことです。

しかし痛まないヘアカラーではナンバー1ではないでしょうか。

ビューティーンメイクアップカラーグレーアッシュ むらなく塗りやすい!


ビューティーンメイクアップカラーグレーアッシュ

地元のドラッグストアで安く販売されているので買いはじめたのがきっかけです。
思っていたより使い心地が良くてそれ以来リピートしています。

仕上がり感のムラが少ないのと色の中落ちも激しくなく、ゆっくりとなので愛用しています。
カラー剤もこのシリーズでいろんなカラーを試したのですが、どれも色濃く反応してくれるのでカラーを楽しむには十分な商品だと感じています。
新カラーが出るとついつい試したくなるのでこらからも使うつもりです。

何度もリピートしているカラー

今までいろんな会社が出ているカラー剤(市販)を試してきているのですが、このカラー剤は匂いがキツくなくて本当にありがたいです。

洋服が汚れるのが嫌なのでお風呂に入りながら使っています、なので匂いがキツイやつだと充満して嫌だったんです。
しばらくは市販のカラー剤を使用するのを控えてました。

購入のきっかけはドラッグストアで安く売られていることだったのですが、使ってみてリピート買い決定です。
液剤も強い感じがしないので十分に浸透せることができます。
また、ほかのドラッグストアでも安く販売されていることが多いので金欠の時に非常に助かっています。

カラー剤の使い方ですが、1.2の液剤を容器に入れてシェイカーのようなもので振って混ぜていきます。
ノズルを変えるだけですぐ塗布できるのもらくちんで魅力的ですね!
わたしは髪の毛の毛量が多い方なので少しずつ髪の上に乗せて、手で混ぜてを繰り返して全体に馴染ませます。

個人的にですが液剤を塗った後、大きな目のコームなどで軽く梳かして(この時に液剤が落ちないように片手で使える駅を受け止めます)ムラが出ないようにきちんと全体に馴染ませます。
その後にサランラップなとで頭を包んで記載時間分放置してします。
お風呂の中なので蒸気が発生しているのでさらに浸透も早いかと思います!
一応念のために洗い流す前に色の具合を確認して満足いくようであればそのまま洗い流します。

そのあとは付属されているトリートメントを塗ります。
このトリートメントも香りが良くていいんです!

カラーのあとはダメージが酷くなるので、トリートメントの後もサランラップを巻いてしばらく放置。
ある程度時間が経ったら洗い流します。
そうすると水で濡れている状態でも髪の毛画スルスルと滑らかに指が通るのでとても嬉しいです!

お風呂から出たあとに髪の毛を乾かしてカラーの具合も確認します。
何度も使用してますが激しいムラなどなく、カラーの仕上がりも満足です!
またブリーチをした後などに色味の強いカラー剤を使用したこともあります。

この商品は他のものと比べても発色がすごく綺麗ですね!
なのでカラーで色々遊びたい方にはとってもおオススメです!

カラーを使用する際、どうしても液剤が周りに飛び散ってしまうことがあるのですが(私が下手くそなのかもしれませんが)しばらく経ったあとでも洗剤を使って擦れば落ちます!
なので全てを合わさて考えても使いやすくて最高です!

初心者でも使いやすいヘアカラーhoyu「シエロヘアカラーEX クリーム」


image1 (4)
CMをみて、たくさんの商品がある中で、何となく記憶に残っていた商品の中の一つです。
使い勝手がよさそうと思って、試しに手に取ってみてから特に他の商品を試してみようと思うほどの不満もなっかったので、ずっと使い続けています。
液を混ぜる必要もなく、専用のコームにクリームをだして、白髪の気になる部分に塗るだけの手軽さと、余ったら次回にも使えるのでもったいなくないし、全体を染めなくても白髪が気になる部分だけ染めることができるから使ってみました。

美容院に行く時間がなくて

美容院へ行ってから1か月くらいで白髪が目立って気になって仕事にいくのも恥ずかしいくらいになり、美容院へもなかなか行くことができなかったので、使ってみることにしました。
いろいろなカラー剤があるので、どれがいいのかとても迷いましたが、初心者でも使い勝手がよさそうだなと思った「シエロヘアカラーEX クリーム」を選びました。

使い勝手がよさそうだなと思った理由は

■クリームタイプで薬剤がとびちらない
■余ったら次に使える
■薬剤を混ぜる手間がない
■付属の専用コームがある
■気になる部分だけ染められる

と、いいことだらけのように感じたからです。

ドキドキしながらパッケージを開けて、説明書をよんで、手順を確認しました。
やり方は簡単でわかりやすかったです。

汚れるのが嫌だったので、お風呂で使ってみることにして、実際に専用コームにクリームをつけて白髪の目立つ部分に塗ってみました。
15分間ぼーっとしているのも時間がもったいないので、お風呂掃除をしながら、時間をつぶしました。
普段はあまり掃除しないところまでごしごし磨けてお風呂もきれいになりました。

実際の染め上がりはいい感じになじんでくれましたし、気のせいかもしれませんが、染めたあとはいつもだいたい髪の毛がトリートメントをしたようにしっとりまとまっています。
使用してみて、あまりにおいもないし、専用コームにクリームをのっけてきになる部分につけるだけですし、楽に染められました。
説明書に使い捨ての手袋も付属されていて、わざわざ手袋を買う必要がなくてありがたかったです。

いい事ばかりといいたいところですが、一つどうしても気を付けなくてはいけないことがあります。

クリームタイプなので、髪の毛に塗るときも飛び散らないので、まわりに飛び散って壁や床が汚れてしまう心配もほとんどありませんが、どうしてもクリームがちょっと飛んでしまうことがあるんですよね。
すぐに気が付いて洗い流せば大丈夫なのですが、気が付かないでそのまま放置してしまうと壁や床に色がついてしまうので、飛ばないように気を付けながらやさしく扱う必要があります。

私はお風呂で使用しているので、使い始めのころはバスタブや壁に染め剤が飛んでいて、色がついてしまったことがあります。
どうしようと青ざめ、カビ取りハイターなど使いましたがすぐには取れずあきらめました。
その後、いつも通りの掃除をしていてふと気が付くといつの間にか消えてました。
とても不思議な現象でしたが、今後も消えるかどうははわからないので、注意して使ってます。

特に他のものにかえたいと思うことはないので、数年ずっとリピートしています。

ピンク系のカラーは難しい ヘンケルの「syoss カラージェニック」


2018-10-25 13.59.06_compressed

ニュアンス程度ではなく、しっかりとピンクの色が入った髪色にしたいと思っていて、近隣のドラッグストアを回ってみたのですがお目当てのカラー剤に出会うことができませんでした。
諦めて別の目的で入った店舗で偶然このカラー剤を見つけました。
まだ私は全然白髪がないので、それが目的ではなかったのですが、白髪染めはしっかり色素が入ることと、明るめの仕上がりになるようでしたが、元々染まりにくい髪質なのでいいかな、と思いこれに決めました。

顎ラインくらいのショートヘアで1箱使用しました。ビニールの手袋が入っていました。
1剤と2剤を混ぜると、商品説明にもあるように確かにほかのヘアカラー剤と比べて多めに入っているな、と思いました。

容器はコーム型になっていて、液もゆるすぎないクリームタイプなので、液だれもせず全体に塗り易かったです。
以前ほかのカラー剤で染めたときは、ニオイがきつく、目に刺激があるものまでありましたが、こちらは全然ニオイも気になりませんし、目に刺激もありません。
塗っている最中も、放置している最中も、頭皮に刺激を感じることはありませんでした。

明るめの仕上がりとあって、結構しっかりと明るくなりました。
染まりにくい髪質なので油断していたら、放置している間に明るくなってきて急いで洗い流しました。
室内ではダークブラウンに見える程度にとどめておきたかったので、もう少し放置していたらもっと明るくなっていたと思います。

洗い流している最中は髪がひっかかるなど髪へのダメージは感じられませんでした。
付属のアフターカラーヘアパックは、オイル成分でしっとりこってりした感じのトリートメントで、香りは綿あめのような甘い香り。
このヘアパック自体にはそんなにケアされているようには感じませんでした。
もう少しサラッとした仕上がりの方が好みです。

乾かしてみると、思ったより明るく仕上がっていました。
色味に関しては、もう少しピンクっぽさが欲しいところ・・・。
私の髪の色素のせいもあると思いますが、ピンクというよりはオレンジの印象が強く出ました。光の加減ではピンク・・・かな?というくらいで、やっぱりピンクは難しいですね。
私は顔周りに黄色があると顔色が悪くなってしまうので、次の日にはカラートリートメントで青を入れて黄みを抑えましたが、それでもあまりピンクっぽさは出てくれませんでした。
ちなみに洗い流して乾かした後はカラー剤のニオイはほとんど残っていません。

まだ染めて1週間程度しか経っていませんが、全く染めていない黒髪から染めたので、やはり少々ダメージは気になりました。
私の場合は乾燥しやすくなった感じなので、しっとりめのトリートメントなどを使っています。
ですが、そんなに髪が傷んだ、という印象はありません。

私は白髪がないので、白髪の染まり具合についてはわかりませんが、黒髪からでも染めていると分かるくらいには明るくなったので、ブリーチをしない程度で明るくしたい人にはおすすめだと思います。

たまの自宅染めにもおススメリーゼの『プレティア泡カラー』


リーゼ

リーゼの『プレティア泡カラー』ピンクベリー 美容室で染める事がほとんどですが、たまに行く時間がなかなか作れず、プリン状態の髪に我慢が出来なくて、自宅で染める事があります。
そんな時は毎回『リーゼ 泡カラー』を使用しています。
カップが付属されていてとても使いやすく、使用方法もとても簡単です。
中に入っている2つの薬剤を、30回振って泡だてます、出来た泡をそのまま髪に塗っていくだけで簡単に染める事が出来ます。
色抜けもほとんどなく、美容室で染めた感じと大差は無いように思います。

毎回、髪を染めるのは美容室です。
たまに行く時間がなくて、自宅で染める時は『リーゼ プレティア 泡カラー』を使用しています。
中に入っているものは、蓋つきのカップ、薬剤が2個、ヘアトリートメント、手ぶくろ、使用説明書です。
使用方法はとても簡単で、中に入っている2つの薬剤を、付属のカップに入れて、30回振って泡だてます、出来た泡をそのまま髪に塗っていくだけで簡単に染める事が出来ます。

泡はとても滑らかで、ふわふわしていて、髪にもとても馴染みやすく塗っていくのはとても楽です。
髪は先にゴムなどで何ブロックかにブロッキングしておくことがオススメです。
そうすることで、染めムラが減ります。

まず根元から泡を塗って行きます。
そのあと髪全体に塗っていきます。
全体的に泡が髪にぬれたら、自分の染めたい色合いに合わせて時間をおきます。

自宅で髪を染める時の注意点は、泡が床や壁や洗面台などに付かないように注意しなければいけません。
もちろん肌につくのも注意です。
たまに壁や床に泡がポタリと落ちて大変な事になります。

私の母も、同じく『リーゼ プレティア 泡カラー』を使っているのですが、一度一人で髪を染めていて、染まる間の待ち時間に家中を歩き回り、家事をしていたようで、気付いた時には手で触った壁、床、色々なところがカラー剤で染まってしまっていたようです。
その話を聞いて思わず笑ってしまいました。
私も時々薬剤のついた手で壁などを触ってしまうので、毎回注意するようにしています。

泡を塗って待ち時間が終われば、髪に塗った薬剤を丁寧に流していきます。
ここでもお湯が周りに飛び散らないように丁寧にながします。
丁寧に流した後は、普段通りシャンプーリンスをします。
最後に付属のヘアトリートメントをつけて終了です。

今まで、何十回もリーゼ 泡カラーを使用してきましたが、染め上がりはかなり綺麗になっています。
髪もギシギシせず、ツヤツヤと髪にもツヤが出ていて、手触りもツルツルとしていて、触り心地もいいです。
髪染めをした後日、友人の美容室で髪を見てもらってことがあるのですが、美容師の友人も自分で染めたの?と言うくらい、綺麗に染まっていたようです。
自分でも毎回不満に思うことはほとんどありません。
染めた後、色ムラもほとんどなく、色落ちすることもほとんどありません。
1か月くらいはツルツルとした髪で過ごす事ができます。
今後もリーゼ 泡カラーを使って行こうと思っています。

エブリカラートリートメントの「pink」 手軽でおすすめ


F4134D25-F0F9-4F85-9270-72755435343F-e1539662722222

購入の理由

ドンキホーテに売っていて手軽に買うことができるから。
ネットでも販売されていて1本1000円程度で購入することができる。
色の種類も豊富で自分の好みに合ったものを探せる。
カラートリートメントなので毛の痛みも少なく染める時の独特な匂いもほぼなかった。
色抜けは普通のカラー剤に比べると早いけど値段の安さが魅力だった。
購入したpinkは発色もよく口コミでも評判が良かった。
気に入ったら違う色も手軽に試せるのもとてもいいとおもった。

使用した感想

カラーバターやカラートリートメントがSNSで流行していて、ネットで調べてみると近くのドンキホーテでも販売しているとの事だったのですぐに買いに行きました。
数種類のカラートリートメントの中から手頃な値段のエブリカラートリートメントを選びました。
カラーバリエーションは10種類程で目当てのpinkを1本買いました。

容量はそれ程多くないですが、インナーカラーに使いたかったのでロングの私でも1本で十分でした。
胸あたりまでの長さですが、インナーカラーの場合少しあまるくらいです。
傷んだ髪に浸透してダメージ補修してくれるというのも魅力のひとつでした。
髪の毛を何度かブリーチしていて毛先はパサパサに傷んでいましたが、エブリカラートリートメントを使用した後はしっとりとした髪質になり染めているのに補修もしてくれる!と感動しました。

リーチをしていたため、pinkの発色もとても良く塗った時間によって濃さを調節できるのも良かったです。
説明には塗ってから5分ほど置いて完了と書いてありましたが、私はしっかりと色を入れたかったので15分ほど置きました。
その効果もあり金髪の髪に馴染みながらもインパクトのあるpinkに綺麗に染まりました。

自宅にあった染色用の手袋を使い、染めたい部分の髪の毛以外はゴムで結びました。
チューブからトリートメントを手に取り髪の根元から揉み込むように塗りました。
トリートメント自体に色が着いていて、触った感じは市販のシャンプーなどと変わりません。
傷んだ毛先は色が入りやすいのでまずは全体の根元に塗りこみ、毛先に向かって染めていきました。
この手順で行わないと色ムラができてしまったり、全体の色のバランスがおかしくなってしまうと思います。

手に着いたトリートメントは石鹸などで洗い流す事ができます。
染色後にリンスやシャンプーをしなくていいと言うのも時短になります。

1度の染色でだいたい1週間程度色持ちします。
徐々に色が抜けていくので、その変化も楽しめました。
1週間後は薄ピンクが残っているかな?と分かるか分からないかくらいでした。
夏休み期間や、旅行のために少しの間だけおしゃれをしたい方にもオススメできる商品です。
また色にも種類があるのでヘアスタイルに合わせて数種類の色を使ってみたり、グラデーションを作ってみたり様々な使い方で楽しめそうです。
周りからの評判も良く、傷んだ髪も補修してくれるのでまた使ってみようと思います。