痛まないヘアカラー!痛む髪質の解決サイト

髪に優しい ヘアカラー


自宅でヘアカラー

最近では自宅で出来るヘアカラーがドラックストアなどで色々な種類が販売されております。
実際に自宅でカラーリングをされている方も多いのではないでしょうか。

そこでやはり一番気になることはカラーリングによる髪へのダメージでしょう。

top2

実際に美容院で染める際もカラーリングやパーマは髪が傷む原因ともなります。
自宅でとなるとさらに傷んでしまうのではないかと気になる方も多いかもしれません。

自宅でカラーリングのメリットは、リーズナブルにカラーリングをすることが出来る事、また忙しくなかなか美容院に行けない方など、自宅で気軽にできるという事は良いですね。

またデメリットは、自分でやるためムラができやすい。
髪が傷みやすいといったところでしょうか。

しかし自宅で簡単にできるカラーリングはやはりとても便利ですね。

痛まないカラーリング方法

まずはカラーリングをする前には必ずパッチテストをしていきましょう。

パッチテストで赤くなってしまったり何か反応が出た場合は速やかに使用を中止してください。
パッチテストはとても重要ですので必ずやるように心がけていきましょう。

次に髪の毛を分けていきましょう。

細かく分けていくことでむらなく染めることが出来ます。
これをやるかやらないかで最後の仕上げが違ってきますので少し面倒かもしれませんが髪の毛のブロッキングをしていきましょう。
髪にも揉みこむように色を付けていきます。

最初は入りにくい根本から染めていきましょう。
次にうなじに行きます。
これは髪の色が濃く太いところから順に揉みこんでいきます。

最後にラップをまいて行きます。
これをすることにより一定の温度に保てますのできれいに染まります。

最後によく洗っていきましょう。
この時に地肌に着いたカラーリング材をすべて落とし切るように地肌を洗いましょう。

カラーリング材が残っていると頭皮のかぶれの原因になったりふけの原因になってしまいます。
美容院では頭皮のカラーリング材をすべて落とすように洗いますので自宅でカラーリングをするときも気を付けていきましょう。

またカラーリング後にはトリートメントがおすすめ。

カラーリング後のトリートメントも市販されておりますのでそういったものを使うのも良いですね。

また必ず乾かすようにしましょう。
乾かすことにより髪の傷みを防ぐことが出来ます。

濡れたままの髪は痛む原因となるので注意が必要です。
このように丁寧にカラーリングをすることでもちが違います。

おすすめは、やはり痛みが少ないカラートリートメント。
ヘアマニキュアの1種で髪の表面に色を付けて染めていきます。
トリートメント効果もあるので髪の傷みを押さえることが出来ます。

またアレルギーの方もカラートリートメントなら使うことが出来る場合もあります。
カラートリートメントのデメリットはやはり表面に染色するため色落ちがしやすいことです。

しかし痛まないヘアカラーではナンバー1ではないでしょうか。

髪になじみやすい:ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン


ビゲンの「ポンプフォームカラー」ライトブラウン

ビゲンの「ポンプフォーム」をいつも使ってます。

これは密着フォーム式なので使いやすいんです。

他社のクリームタイプのヘアカラーも使ってみましたが、髪全体に塗布するのが難しかったです。

ポンプフォームのヘアカラーは、濃密な泡で髪全体を包み込むように塗布するので、床に垂れたりせず、髪にもなじみやすいです。

染めた後の髪がツヤツヤして触り心地が良くなるのがうれしいです。

詰め替え式なので、むだなゴミが出ないところもいいですね。

ちょっと押すだけでフォームが出てくるので使いやすい

ポンプフォームを塗布するための準備は、特に他社のヘアカラーと違いはありません。

ポンプフォームは液剤がほとんど垂れないので安心なのですが、念のため新聞紙を床に敷いています。

そして液剤が顔や首につかないように、クリームを塗ってカバーして、髪を数か所に分けて輪ゴムでまとめています。

私は髪を小分けする作業が面倒なのでわりとざっくり分けています。

ざっくり分けるだけでも、ポンプフォームなら髪にフォームをのせた後に指でぐしゅぐしゅと押し込めば奥の方までよく染まるのでとても便利です。

私はシャンプーで頭を洗うような感じでフォームを塗り込んでいます。

ポンプ容器が柔らかいので、ちょっと押すだけでフォームが出てくるので使いやすいです。

ブラシに液剤をのせるタイプだと、染めている間に何度も液剤をのせる手間がかかりますが、ポンプ式だと最初に液剤を混ぜるだけなので手間いらずです。

必要な量だけ押し出すこともできるし、容器にどれだけ残っているかも一目瞭然です。

フォームは髪にピッタリくっつくので、髪をかき混ぜるようにしても床に垂れたりしません。

生え際はヘアカラーがしっかり馴染むように何度も丁寧に塗布しています。

フォームを全体に塗布したら20分放置して馴染ませます。

フォームが髪に密着するので、何も使わなくても頭の上でまとまってくれるのでとても楽です。

きれいにまとめてしまえば、放置している間に少し頭を動かしてもフォームが垂れたり落ちたりしません。

鼻にツンとくる臭いはなく、フローラルな香りが少しするだけです。

20分経ったらシャワーで洗い流します。

1回目のシャンプーだけではヘアカラーが髪に残るので、いつも2回シャンプーして丁寧に液剤を落としてます。

その後にコンディショナーで仕上げます。

染めあがりに色ムラはなく、根元までよく染まります。

ドライヤーで髪を乾かせば、髪の毛にツヤが出てよく染まっているのがわかります。

染めた直後は、少しイメージした色と違うように見えますが、しばらくすると色が馴染んで、感じよく仕上がります。

ツバキ油とローズヒップ油の2種類が配合されているので、染める前より髪の手触りがよくなって、髪質が柔らかくなります。

その後1ヵ月くらいはツヤが保てています。

生え際が伸びると色の違いがわかるので、だいたい2ヵ月に1回染めています。

ポンプフォームを何度も使用していますが、これまでに皮膚がかゆくなったり、異常が出ることはなかったです。

ビゲンのポンプフォームは、自宅で気軽に簡単に髪が染められるので愛用しています。

@cosmeベストコスメアワード2017:リーゼ プリティア 泡カラー×ピンクベリー


リーゼ プリティア 泡カラー×ピンクベリー

@cosmeベストコスメアワード2017 ベストヘアカラー 第1位で口コミも良かったので使ってみました。

春先だったのでピンク系にしたくピンクベリーという色に惹かれ選択しました。

泡シリーズはムラが出ないので、染めるならいつも泡を使っています。

落ちやすいという意見がありますが、私はリタッチをしたくていつも使っているので問題ないです。

根元は染まりやすいので、比較的均一に染まっています。

色もピンク系でちゃんと入りいい色だと何人かに褒められました。

泡なのでロングヘアーの髪にも1本でムラなく仕上げられる

髪はこげ茶が好きです。しかしそれをキープしようと思ったら二ヶ月に一回美容院へ行き1万近くかかり、また時間もかかりストレスを抱えていました。

家でムラなく綺麗に染まるヘアカラーはないかなと探していたところ、@cosmeベストコスメアワードのサイトで高評価を得ている商品を見つけました。

それがリーゼ プリティアの泡カラーです。

これに出会うまで、リタッチは毎回美容室へ行っていました。

セルフはムラが出るというイメージがあったんですが、これは泡なのでロングヘアーの髪にも1本でムラなく仕上げることができました。

根元部分も変に明るくなることはなかったです。染めたては均一になっています。

美容師の友達にも綺麗に染まっているねと褒められました。

ヘアカラーは温めると染まりやすいと聞いたので、染めるときは暖かい部屋で、全て揉み込み終わったらラップを使いぐるぐる巻きに固定して規定時間置き洗い流しました。

痛むのが怖いので、時間はちゃんと守りすぐに流しています。

染めている時も、ヘアカラーの独特なにおいもそれほど気にならなかったです。

泡カラーは泡が弱いと液体になって首元に流れてくるものもありますが、それもなかったです。

髪の量が少ないのもありますが、胸下のロングヘアーでも一本で足りました。

千円以下が綺麗に染められ大満足です。

しかし均一には染まりますが、一点残念なところがあるとすれば、数週間で色が落ちてきて少し明るい印象になるところです。

しかし私はリタッチをしたいのでそこまで気になりません。

落ちてきた色も、抜けてるイメージの髪色ではなく程よい明るさの茶色といったところです。

ですから私は、染めたての色と落ちてきて明るくなってきた両方を楽しんでいます。

しかし、もしかしたらこげ茶なのが良いのかも知れません。

もし脱色剤などを使って抜いていたら、すぐに色が抜けると思うのでオススメはしません。

もともとこげ茶でそれをキープという形にには、とても役立つ商品だと思います。

染めた後のキシキシする感じも少ないように思えます。

ちゃんとトリートメントを日頃からしていたら、特に痛みなどは気にならないでしょう。

美容院だと時間もお金もかかりますが、これなら千円以下、人に気を使うこともないので気軽に染められます。

私は2.5ヶ月に一回くらい全体を染めていますが、そこまで美容室に通っていた頃と素人目には大差はない気がします。

写真の後ろ姿は染めてから3日後です。ちゃんと色も入りいつも好評です。抜けてきても可愛いです。

もし市販のヘアカラーで迷っている方にはぜひオススメしたいです。

はずれのないヘアカラー「リーゼ泡カラー」


リーゼ泡カラーカリフォルニアベージュ

クリームタイプよりも泡タイプの方がセルフカラーしやすい為。

そして他のメーカーも色々試しましたが、こちらが私にとっては一番頭皮に負担がなく毎回流行りによって新色のカラー剤が発売されるので色々な髪の色に挑戦出来ます。
たまに他のメーカーも買ってみますが、頭皮がピリピリしたり、髪かパサついたりするのでリーゼの泡カラーは優しい成分なのかなと思います。
パッケージも可愛く、洗面所に置いておくと市販のカラー剤と思われない様なオシャレなパッケージです。
(さらに…)

口コミも多く安心して使えるヘアカラー「ホーユー シエロのムースカラー」


ホーユー シエロのムースカラー ライトブラウン

ムースになっているので自分で染めている間に顔に液が垂れてこないし、シャンプーするのと同じように髪を洗うようにして使えるので、便利だということで選びました。
また、ロングセラー商品なので無難なブラウンの中でもカラーの色の種類もたくさんあったので、好みの色を選べるのも良いと思いました。
そして市販カラー独特の鼻をつくような嫌な香りがしないという口コミも見ていたので、使いやすいだろうということでも選びました。
(さらに…)

ベネフィーク:口コミもよくキレイに染まる


資生堂ベネフィークヘアカラー4Nやや明るい栗色

このカラー剤にきめたのは、ベネフィークさんのシャンプーとトリートメントを利用した際、とても良い香りで髪の毛がさらさらになったので信頼して使えるなと思い決めました。

また、色がモデルさんのを見るととても綺麗でこの色にしたいと思ったからです、口コミをネットで調べてみてもどの口コミも良く綺麗に染まる、髪がつるつるになるなど書かれていたので値段は市販のカラー剤と比べると少し高いですが買ってみようと思いました。

取扱い店舗が少ないのだけが難点

ベネフィークのカラー剤は使ったことがなく、いくつかの口コミでこちらを購入。
口コミはどれも良いことばかり書いてあったので買ってから使うまですごく楽しみにしていました。
ベネフィークはただでさえ取扱店が少ないのが難点でした。
どのお店を探しても中々なかったです。
薬局などではみつけることができす、化粧品やさんにおいてありました。
やっと見つけることができ、どの色もとても可愛かったのですごく迷いましたが、色は店員さんに相談して決めてもらって4Nです。

仕上がりには大満足。
市販のカラー剤は傷むという印象がありますが、このカラー剤はまったく違いました、1回でヘアサロンばりに根本からきっちり色が入りますし、根本中心に適当になじませただけですがムラにもなりません。
塗った瞬間もキシキシすることなくぬれます。
また、手や顔、バスルームの壁などについてもすぐに洗い流せば汚れは残らず取り回しも良好です。

施術前のトリートメント液はシャバシャバで量が少ないかな~と思います、もう少しトロリとしているのかなと思ったら意外と液体に近い印象でした。
髪全体がしっとりする程度に行き渡ればよいと言われても私は髪の量が多いので私にはまったく足りませんでした。
強いて言えばこの点と手に入りにくいことだけが唯一の不満です。
その後は念のため普段じぶんが使っているトリートメントを利用しました。

本剤は付属の手袋をはめて、自分でカラー剤を作ります。
組み立て式のブラシ、手袋、トレーなどはそれぞれ使いやすく、また余ったカラー剤は取っておけるというのも経済的です。

カラーリング後のトリートメントがまた優秀で、まったくきしみや痛みが感じられません。
また、使用している最中の匂いもラズベリーみたいな香りがしてツンというどくどくな嫌な感じは一切しません
作業全体は30-40分要しましたが、むらなく綺麗に染めることができ、2週間たっても色落ちも全く感じません。

月1通っているヘアサロンでもダメージ少なく綺麗に染まるのが気に入っていましたが、最近カラーリング頻度を上げたせいか頭皮にややかゆみを感じるようになっていました。
でもこのカラーリングはかゆみもなし。
今後は安心してサロンのカラーリングの頻度を落とせそうです。

主婦のわたしにとってはとてもありがたいです笑

周りのともだちからもセルフで染めたとは思えないといわれました。
つるつるの自分の髪の毛をみてるんるんになれました。