髪を痛めないヘアカラー、ヘアケア情報まとめ

髪の痛みを防ぐ、ケアするためのさまざま情報をご紹介しています

ヘアカラーをすると、どうしても髪の毛が傷んでしまうことがありますよね。
このサイトでは、髪の痛みを防ぐ、ケアするためのさまざま情報をご紹介しています。
セルフで染めると傷みやすいの?ブリーチは?かぶれや抜け毛が増えた・・・といった疑問も取り上げています。

また、専門店の評判やトリートメント剤、髪質別お悩みについてもご紹介。
あなたの髪質やお悩みに合ったヘアカラーや専門店、ケア方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

似合うヘアカラーは髪質で決まる

自分に合うヘアカラーはどんな色か、分かりますか。
おそらく多くは答えに行き詰まり、考え込むかと思います。
しかししばらく考えても結局答えは見つからず、最終的には「分かりません」となるのがオチです。
手っ取り早く似合う色を知るには、美容師に見てもらった方が良いかもしれません。
しかしご自身の髪質からでも判断することが出来るので、是非参考にしてみて下さい。
(さらに…)

痛まないヘアカラー

髪が染まりやすい人と染まりにくい人

髪が染まりやすい人と、染まりにくい人がいます。
こればかりは生まれながらの髪質が大きく関わっているので、どうすることもできません。
しかし折角イメチェンをしようと髪を染めようとしても、上手くいかなければ気分が落ち込んでしまいます。
ただ美容師に指摘されたことがあるのならばまだしも、ご自身の髪が染まりやすいのか染めにくいのかは、中々気づかないものです。
(さらに…)

痛まないヘアカラー

髪のことを考えるのならカラートリートメント

種類にもよりますがヘアカラーを使うと頭皮にダメージを与えてしまうので、様々な影響が出てしまいます。
ただ何もおこらなければそれに越したことはありませんが、中にはかぶれる等の症状が出てしまう方も少なくありません。
皮膚が弱い人であれば、なるべく髪を染めないようにするのが得策でしょう。
(さらに…)

痛まないヘアカラー

ヘアカラーをやり過ぎると抜け毛が増える!?

生活習慣やホルモンバランスの乱れ・過度なダイエット・ストレス等、抜け毛が発生する原因は色々考えられます。
こればかりは人にもよるので誰しもが当てはまる訳ではありませんが、普段の生活を少し正すだけで改善される可能性はあります。
ただもし抜け毛の原因がヘアカラーによるものならば、簡単に治すことは難しいかとおもいます。
毛髪だけでなく頭皮にもダメージが及ぶので、少し生活を改善しただけでは治る物ではありません。
(さらに…)

痛まないヘアカラー

ヘアカラーのかぶれは要注意!

「体調の悪い日にヘアカラーを施すと、かぶれが起きやすくなる」というのは、よく聞くかと思います。
確かに体調を崩すと頭皮の状態も弱まるので、あまりおすすめは出来ません。
では健康な日を狙ってヘアカラーをすれば良いのかと問われると、はっきりと「YES」と答えられません。
かぶれてしまう原因は色々考えられますが、もしアレルギーが原因であればどうしようもありません。
(さらに…)

痛まないヘアカラー

ブリーチはケアが命!

髪が染まりやすい人と、染めにくい人がいます。
染まりやすい人ならばまだしも、染めにくい人となると一苦労です。
そこでブリーチで髪の色を抜き、それからヘアカラーを施していきます。
しかもブリーチをすると色も綺麗に出るので、思い通りのヘアスタイルにすることも可能です。
ファッションの幅も広がるので、色々楽しめるかと思います。
(さらに…)

痛まないヘアカラー